なんで恋愛なのに二股かけてはいけないの……?

恋愛をしているのに、二股かけられてしまうのは、とても失礼な行為です。

とはいうものの、恋愛関係なので、二股かけていけない法律はありません。

しかし法律がなければ自由にやっていいということにはならないと思うのですが。

二股かける人たちは、なんで、二股かけてはいけないのかという素朴に疑問を持っているかもしれませんが。

なんで二股をかけてはいけないの?

二股かけることに対して、あまりいい思われ方をしていないのも事実ですが、だから、していけないということなのでしょうか。

二股かけない人たちも、世間の目が気になるからそうしないという人たちがいます。

しかし、二股かける人たちは、それでも自分自身の気持ちを信じたいと主張する人たちもいます。

二股かける人たちは、やっぱり、一人の相手を愛し続けようと思えば、どんどんマンネリ化して気持ちが薄れてしまうことがあります。

愛している気になっていても、その気持ちも当たり前になって、愛している実感のないまま接していたということもあるでしょう。

そのような人たちが、「となりの芝生は青い」と感じてしまうことになります。

他者に対して、昔の過去の恋愛体験の気持ちが蘇ってしまうことがあります。

なんで、目の前の相手に過去の恋愛体験を蘇らせることにならないかといえば、やっぱり、怠惰にマンネリ化した日常生活のせいです。

相手が、自分自身に目を向けてもらうためにいろいろ努力をするという方法もありますが、方法にも限界はあるでしょう。

なぜ、二股かけてしまうのかと言えば、恋愛を自然体で受け止めて流されてしまっているせいです。

もうちょっと目の前の相手を愛する努力をすれば、となりの芝生が青いとしても行動はおこさないはずです。

二股かけるというのは、そもそも本能かもしれません。しかし、本能を打破する私達には、理性というものも存在しているはずです。

二股かける人たちは成長していない

なんで、二股かけて駄目なの……?と言っているような人たちは、本能という都合のいい言い訳をして、何も規制しようと努力していない人たちです。

そして、恋人が二人いても、三人いても、何か問題ある?という顔をしているのです。

そして、二股かけて何が悪いの?と言ってる人たちは、精神がまだまだおこちゃまなのです。

おこちゃまな精神って時として魅力的にうつることもありますが、おこちゃまだから、周囲と歩調を合わせることをせず、自分自身が良ければ、二股かけてもOKという発想になってしまうのでしょうか。

でも、その相手がおこちゃまでなく、立派な大人である可能性も充分にあります。そのような相手がなんで二股かけるかといえば、相手に飽きたからです。

飽きて別れたいと思っているけど、人間関係はいろいろしがらみもあって、なかなか別れられない場合もあるでしょう。

同棲して、共同生活などしている人たちは、本当に、別れるのも、「この家電は誰が持っていくの?」など、いろいろ難しい問題を抱えてしまうものです。

二股かけたままでいるというのは、手っ取り早い作戦とも考えることができます。

大体、男性たちの方が二股かける率が高いと言われていますが、そのような人たちは、二股かけるのはOK、三股はちょっとマズいかな……程度に考えているのではないでしょうか。

罪悪感自体持っていないというのでは、やっぱり仕方のない問題です。

そのような相手につかまってしまったあなたが悪いということでしょうか。

そのような男性たちは、そのような雰囲気を持っているともいうことができます。

100%ということではありませんが、二股かけることを何度も繰り返す人たちは、世間がきっと許してくれないので、悪い噂も当然たつことでしょう。

周囲に目を向ける余裕があれば、二股リスクをある程度解消できるかもしれません。

恋人が二人いても、三人いても、何か問題ある?

世間は、なんで、二股はNOと言っているのでしょうか。

結婚という契約ならまだしも、恋愛は自由のはずです。

恋人が二人いても、三人いても、何か問題ある?という質問があれば、なんと答えるのでしょうか。

恋愛は、自由なので、恋人が二人いても、三人いても、その中から最終的に、確実な結婚相手を見つければいいのではないでしょうか。

NOという姿勢がそもそもわからないという人たちも実際にはいます。昔の人たちは、そんなに恋愛恋愛と言っていないで、もっと勉強しろというかもしれません。

一人に頑なに恋愛をしている人たちが、勉強をしているかといえば、一人の相手に熱中して、全然勉強していない可能性だってあります。

世間が、二股NGと言っているのは、優柔不断な性格と思っている可能性もあります。しかし二股の決断は、案外大胆な決断であり、行動的であり評価できるタイプの人間かもしれません。

みなさんも一度、なんで、二股かけるのがNGなのか、考えてみてはいかがでしょうか。とても大事なことかもしれません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*