社内恋愛を成功させるテクニック

社内恋愛というのは働く女性にとっては憧れることが多いものではないでしょうか。

しかし、いざとなると踏み込めない人もいると思います。

社内恋愛が成功して長続きする方法をご紹介しましょう。

まず、社内に気になる人ができたときは、さりげないアプローチで距離を縮めましょう。

具体的には、社内メールや差し入れです。

社内メールはプライベートなやりとりは基本的に禁止なものですが、上手な方法があります。

メールのメインには、仕事の伝達事項など普段どおりに入力しますが、一行空けて、一言だけ「いつも頼りにしています」や、相手が風邪をひいて休んだ後などは「お体大丈夫ですが」など、添えるのです。

一言だけというのがポイントです。

あまり長文にしてしまうと目立ちますし、男性も驚きますから一言だけ気遣うようなメッセージを添えておくと、特に体調を崩したあとや、疲れがたまっているときは、仕事中の男性にとっては、女性のやさしい一言が心に響き、とても癒されるのです。

差し入れも、一口チョコレートなどをその人だけでなくみんなの机に置いておき、彼のだけにはパッケージの裏に、「お疲れ様です」や「仕事している姿かっこいいです」など、こちらも一言だけ書いておくと効果的です。

好きな人が残業していたら、同じタイミングで残業してみるのもよい方法です。

残業はやりたくてやりたい人はほとんどいませんし、もともと夕方になってくると疲れてきますから、同じ境遇の人がいると、好きな人もこちらに共感を持ってくれる可能性があります。

帰り道に一緒になれたら、近づきすぎずなるべく自然に距離をあけながら、「お疲れ様です」から始めて、たわいもない話などそれとなく話しかけてみましょう。

彼と仲良くなれて、お付き合いができるようになったら、社内恋愛特有の気を付けつるポイントがあります。

一番大事なのは、とにかく周りに気づかれないようにすることです。

社内恋愛が禁止の会社もありますし、仕事中は、お互い仕事に集中するほうが、社内の人間関係もスムーズにいきやすいからです。

人が集まる場所というのはどうしても嫉妬や冷やかしがありますから、仕事のしやすさのためにも二人の秘密のほうが安全です。

ですから、アイコンタクトは目立ちますし、アイコンタクトの約束をしていなくても、一人の人を見つめるようなしぐさは、社内では意外にとても目立ちやすいのです。

男性も女性以上に仕事で出世したい気持ちや成功したい気持ちも強いことが多いですから、彼のためにも仕事に集中しましょう。

社内恋愛はハードルも高く感じますが、成功すれば仕事も楽しくなりますから、好きな人ができたらゆっくり近づいて仲を深めてみましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*