好きな人とデートに行く際のテクニック

自分が好意を抱いている女性とデートに行く際に使えるテクニックについてです。

自分だけが女性のことを好いていて、女性側がまだ自分のことを恋愛対象としてみてくれていない場合に使えるテクニックです。

まず一番大事なこととして、まだ女性側はこちらの好意に気づいてくれていないということがありますので、あなたは特別ですよということを伝えなければいけません。

たとえば今はあなたと以外連絡していないよとか、お互いの好きなタイプなどを話すときに、できるだけその女性のようなタイプを伝えるなどをして、気づいてもらうことが大事です。

またいくらこちら側が女性を好きだからといって連絡速度をとても速くしたり、返事を強要することなどはしてはいけません。

向こうにもペースがありますので、あまりにも速い返事は引かれる可能性もありますので注意しましょう。

そしてここからは実際にデートに行ってから使えるテクニックについてです。

もちろんですが、歩くときは女性を歩道側に歩かせます。

それはさりげなく言うことで女性にこの人自分のことを考えてくれているなと思わせることが大事です

ポイントはできるだけ狙ったようにやるのではなく、さりげなく行うことです。

そして実際にごはんに行ったときに好感度を上げるためには、店員さんへの態度は大事です。

呼び出しボタンを何回も押したりとか、店員さんにきつい態度などをとってしまうと、短気だなと思われますので、注意した方がいいと思います。

そうではなく、店員さんに対して逐一ありがとうを伝えたり、下げやすいように空いたお皿などを並べておいたりしておくと好感度は良いと思います。

そしてぜひ使ってほしいテクニックとして、お会計についてです。

お会計はデートをしてもらっている男性側が払いましょう。そして会計の仕方なのですが、女性に気を使わせないために、トイレにいくと席を立ったときに、そのときに財布を持っていき、お会計を終わらせておくというものです。

そうすれば女性に気を使わせないですみますし、ちょっとしたサプライズ感もありますので、ぜひ使ってほしいです。

こうした細かい気遣いが今後に響いてくると思います。

ここまで好きな人とデートに行く際のテクニックを書いてきましたが、私が書いたこと以外にもいろいろなテクニックがあると思います。

自分が考えた技など、いろいろと使いながら好きな女性に対して恥ずかしがらずにアタックしていくことが大事だと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*